おおかみこどもの雨と雪 その後

細田守監督の前作『おおかみこどもの雨と雪』
雪と雨と花それぞれの物語がありました!
ただその後それぞれ3人の家族はどうなったのでしょうか?

原作では3人のその後が描かれているのか調べてみました。

Sponsored Links

おおかみこどもの雨と雪 あらすじ

『おおかみこどもの雨と雪』
この映画が公開されたのが2012年。

今も3人家族は


その後どうなったのか?
おおかみこどもの雨と雪のその後は原作ではどうなった?



って気になりませんか?


こういったアニメの映画の場合、中には原作でアニメのその後が見れる作品も中にはあると思います。

おおかみこどもの雨と雪はというと・・・

原作も同じところでで終了してますね!


その後は不明のため、以下は予想と願望です。

おおかみこどもの雨と雪 花編

花は中学で雪が寮に入ってしまったため、あの土地に一人で住んでいます。
花の子育てが12年で終わってしまう
というのは何か寂しいですよね。


雪の高校進学と同時にまた花は雪と暮らすようになる。
というのがやっぱり理想!


その場合あの土地を離れなければならない。
しかしあの山には雨がいる。

やはり花はあの土地でこれからも暮らしそうですね。
そしてできるのであれば大学生で雪を産んでいる花はまだ30歳前後!
いい人が現れてくるといいですね。
あの土地ではなかなか難しいかもしれませんが。

Sponsored Links

おおかみこどもの雨と雪 雪編

雪の将来についての願望は1つのみ!

雪がオオカミという秘密を打ち明けた
唯一の転校生藤井草平と結婚してほしい!


花には相談出来る人が誰もいません、でしたが、雪と草平には力になって、もらえる花がいます。

草平の家も母親が再婚しているという複雑な家庭。


すでに母親と再婚相手との距離を感じている草平ですから、結婚してもそれほど産まれた子供に対して母親は干渉しないはず!

雪の結婚相手としてこれだけピッタリの人は他にいないはず!
将来的にあの家で花と雪と草平とその子供達と暮らせたらいいですね。

おおかみこどもの雨と雪 雨編

雨はアカギツネの役割を担うために、オオカミになって山へ行きました。
そのオオカミとしての責務を全うしそうです。

花と雪とは二度と会わないような気がします。
ただあの家で暮らす花の事はいつも影から見守っている。

という展開が一番ありえそうですね。
ただ雨はオオカミとの子供を作るのでしょうか・・・


以上、勝手な予想・妄想でした。

おおかみこどもの雨と雪は今でも人気があり、続編の待望論があるようなので、ぜひ実現してほしいですね!

Sponsored Links